アロハは夏だけのモノって誰が決めたの?

長袖アロハって実は半袖よりも1年を通して長く着れるアイテム。レイヤードとしても使えるし、アウターにも合わせて着用する事ができる万能アイテムです。是非あなたも今年は長袖アロハにチャレンジしてみはいかが?

長袖のアロハのメリット

馴染みがないけど実は万能アイテム「長袖アロハ」

存在自体が半袖ほど知られていない長袖のアロハシャツは、着こなし次第で真夏以外ほぼオールシーズン着用できる万能アイテム。夏でも少し肌寒い日はTシャツの上に羽織ったり、そのまま1枚でセクシーに着るも良し。秋冬はお気にのアウターの下に着てレイヤードを楽しめます。「シンプルな服装、ちょっと飽きたな」って時、1枚あるだけでコーデの幅がグンと広がります。

花柄や果物柄だけじゃない、冬でも着れるデザイン

正直アロハと言えば「花柄やフルーツが散りばめられたシャツ」というイメージありますよね?ノンノン。“Tropical city pop”をテーマに掲げるEanbeアロハは、南国感を残しながら都会の景観・生活になじむデザインに仕上げています。人とかぶらないのは勿論、知人からの「冬にアロハ?季節感なくない?」ではなく「それアロハなんだ!いいね!」を約束します。

清涼感ある質感ながら暖かさも兼ね備える素材

シャツの生地は半袖長袖ともにレーヨン、リヨセルを使用。清涼感ある質感が特徴のレーヨンは熱がこもりやすく、夏に着ていると暑く感じることもあり、逆に冬は暖かく感じます。また、吸湿発熱効果と呼ばれるものが備わっており、発熱性のある毛のような性質も。リヨセルはコットンより生地の目が詰まっており、速乾性と体に馴染む風合いとも相まってこちらも冬は暖かく感じる素材です。

STYLING

[Basic Style]

涼しい時期ならそのまま1枚で着用。デニムやチノに合わせたり、スラックスにインしてモード感のあるコーデも◎

[On the T Style]

白Tの上にカーディガン感覚で着用。派手なコーデが苦手な方や、シンプルコーデにアクセントを付けたい時に重宝します。

[Layered Style]

ライト、ヘビー問わずアウターのインナーとして着用。中から柄をチラ見せすることで、レイヤードを楽しめます。

ABOUT EANBE ALOHA

Eanbeのアロハシャツの生地は、その時のデザインによって最も相性が良い素材を吟味し使用しています。 主に用いる素材としては、一般的なアロハシャツの生地としても多く使用されているレーヨン。 「光る糸」を意味するレーヨンは、強い光沢と柔らかい肌触りが特徴です。 そして、ソフトな風合いと美しい光沢感があり、吸湿性と速乾性に優れたリヨセル。 「世界で最も環境に優しい製法でつくられた繊維」とも言われ、サスティナブルな素材として知られています。 この2つの素材の中から更により良い生地を厳選し、使用しています。 シャツのプリントは、複雑な柄を美しく表現するために、 京都の歴史と伝統ある染工場で「手捺染」と呼ばれる技法を用いて染め上げられます。 手捺染は、職人さんが手作業で布に1色ずつ丁寧に染めていく方法で、 柄の再現度が高く、繊細な色合いを表現することができます。 そうして染められた生地を、 沖縄の職人さんによる手縫いで1点1点縫製することによって完成し、 あなたの元へお届けします。